絆屋のりゅうきゅう



大分県の小料理屋や居酒屋に行くと、必ずメニューや小鉢として出てくる『りゅうきゅう』。いわゆる『魚の漬け』で大分で昔から庶民に愛される郷土料理の逸品。どちらかと言うと主役より脇役、B級グルメとされるがお店や家庭で味付けは違う。絆屋独自の醤油だれは甘からず辛からずの絶妙な味付けが自慢です。

りゅうきゅう:大分の漁師が船上で作る保存食として、沖縄(りゅうきゅう)から鹿児島を経て大分に伝わったという説と、胡麻醤油を使って和えた『利休和え』がなまりりゅうきゅうになったという説があります。


りゅうきゅう丼 〇りゅうきゅうの楽しみ方
  りゅうきゅうは、そのまま小鉢の一品とし 
  て(お刺身)、写真(左)のようにご飯にの
  せてりゅうきゅう丼(海鮮丼)としてもお楽
  しみ頂けます。また、熱い出汁やお茶を 
  かけて海鮮茶漬けでもおいしいですよ。
  新鮮な魚でないとできない大分ならでは
  の楽しみ方です。


関あじりゅうきゅう(イメージ)



〇関あじ・関さばのりゅうきゅう
 大分県の代表する魚として知られる
 「関あじ・関さば」は大分市佐賀関の漁師 
 が手釣りの一本釣りで獲ったマアジ、マサ
 バのことをいいます。
 その佐賀関漁協から神経〆して大切に直
 送されたものを大分の郷土料理である
 「りゅうきゅう」に仕立てています。

直送された「関あじ・関さば」を素早く切り身にして独自製法の醤油だれにて漬け込んでいます。「関あじ・関さば」の美味しさをお口いっぱいに味わってください。
 
絆屋の「関あじのりゅうきゅう」、「関さばのりゅうきゅう」は保冷袋に小袋で2つ入っています。目安としまして1袋で1食分です。召し上がれる分だけ流水か冷蔵庫にて解凍してください。ご家庭のねぎやゴマ等の薬味をかけるとより風味がまし美味しくお召し上がりいただけます。


本まぐろりゅうきゅうイメージ




〇本まぐろのりゅうきゅう
大分県津久見は昔よりまぐろの産地。豊後水道の豊かな海で大切に育てられた本まぐろを郷土料理のりゅうきゅうに。脂ののった赤身はタレとよく絡み濃厚な旨味を口の中でかもし出してくれます。大分自慢のまぐろのりゅうきゅう(漬け)をご家庭でどうぞ。



〇かぼすぶりのりゅうきゅう           
大分県の新しいブランド魚『かぼすぶり』。
豊後水道の豊かな漁場で大切に育てられ
たブリの脂がのるこの季節(11月〜3月)に期間限定で餌に大分県特産品のかぼすを混ぜて育てます。
ブリ特有の臭みが少なくカボスの爽やかな香りがほのかにし、血合いの変色も抑える効果が認められています。
限られた季節だけの販売だからこそ食べたい『かぼすぶりのりゅうきゅう』を是非ご賞味ください。(11月頃〜3月頃のみ販売)




 
Top