大分県杵築市の地域ブランド「きつきのきづき」
◆「杵築ブランド」◆
杵築市では、地域経済の発展や杵築市の知名度アップにつなげるため、地域資源や地域特性を生かして作られた優れた産品を「杵築ブランド」として認定し、全国に向けて発信していく取り組みを行っております。
ブランド商品として認定されるには、全国の商品と競争することができるか、首都圏のバイヤー等プロフェッショナルの審査を受けます。厳しい審査をクリアした品が、初の「杵築ブランド」として認定されます。
平成29年2月3日に、関係者を招いた「杵築ブランド 」の発表会・試食会が同市内の一松邸で開催され、新たに認定された6品目が披露されました。また、その後大分空港2階売店での特別販売会を行い大好評を頂きました。今後は東京都での首都圏に向けた発表会を開催し、「杵築ブランド」のPRを行います!!
 
杵築市公式WEBサイト:http://www.city.kitsuki.lg.jp/site/kitsuki-no-kiduki/

◆「杵築りゅうきゅう」◆
今回の審査で豊後絆屋の「杵築りゅうきゅう」が認定されました。
豊後絆屋は地元大分の新鮮な魚を使用して7種類のりゅうきゅうを作っています。大分県を代表するブランド魚「関あじ」、「関さば」をはじめ、新しい「かぼすぶり」、JAL国際線ビジネスクラス・ファーストクラス機内食で採用された「ぶりのりゅうきゅう」、「真鯛のりゅうきゅう」等、現在も大分空港2階売店や地元百貨店トキハ、JR大分駅内売店等でも大好評頂いております。
杵築の地で、「りゅうきゅう」という大分郷土料理を製造して全国のお客様に届けたいとの思いで創業以来、改良を加えながら取り組んでまいりました。
今後も、頂いた賞に恥じぬようにさらに美味しい「杵築りゅうきゅう」を作っていきます。

Top